あなたが求めるフライオイルの最高のソリューション。

お好きなタイミングでオイルのろ過を1日に最低1回行ってください
ろ過を始める前にきれいなフィルターとMAGNESOL®ろ過パウダーを使用します
ろ過中は少なくとも5分間オイルを循環させます
記録シートを使用し、毎日のろ過とオイルの廃棄を記録します

オイルを廃棄するか決めるのは必ずフライヤーでろ過した後に行います
お客様のオイルマネジメントプログラムのカスタマイズは当社にお任せください

MAGNESOL®は5つの形態でご利用いただけます。

MAGNESOL®で毎日ろ過を行うことでオイルの寿命が延ばされ、フライフードの品質の一貫性が向上し、コスト削減が期待できます。

空気

air

ろ過中、オイルにポンプで送られる気泡は酸化を引き起こし、風味に影響を与えます。
例:オイルがすべてろ過機またはフィルターパンからバットに戻った後もポンプをオンのままにしている。
予防:バットを蓋で覆ったまま、ろ過中は5分間オイルを循環させます。

カーボン

food

パン粉や食品の小片は炭化し、化学反応を引き起こしてオイルの分解を早めます。
例:オイルに残ったパン粉などのくず。
予防:頻繁にバットをスキミングし、カーボン浮遊物や堆積物を取り除きます。

heat

フライヤーを高温で放置すると、オイルがより速く酸化します。
例:フライヤーを使用していないときもオンの状態にしている。
予防:使用していないフライヤーはオフにします。フライヤーを推奨温度に設定します。

水分

water

食品の水分や蒸気、清掃時に残る水分は、加水分解でオイルを分解し、オイルの色を暗くして煙を発生させます。
例:完全に乾燥していないろ過タンクにフライヤーからオイルを流す、または冷凍食品の食材以外の余分な氷をフライヤーに入れる。
予防:フライヤーのバットの真上で食品をバスケットに入れないようにします。使用する前にすべての機器が完全に乾燥していることを確認します。

石鹸

soap

石鹸はアルカリ性のフレーバーを生成し、オイルの色を暗くします。
例:十分にすすがれていない道具や、フライバットを洗浄した後に残る石鹸残留物。
予防:フライバットの内部の洗浄には、お湯のみを使用します。すべての道具をしっかりすすぎ、乾燥させます。

salt

調味料やパン粉に含まれる塩はオイルの寿命を短くします。
例:揚げる前に食品に塩をつける。
予防:バットの上で食品に味付けするのを避けます。

メニュー